性にまつわるトリビアをご紹介

私たち人間の性にまつわるちょっとしたトリビアをいくつかご紹介します。なんとなく気付いていたけれど「やっぱり!」と思うような話や、「それは知らなかった!」と驚くような話まであります。


障害があるほど燃える愛があるってホント?

まるでロミオとジュリエットのような話ですが、心理的な観点からみたとき、二人の間に障害があればあるほど「この恋を成就させたい」という思いが強まるそうです。二人の間の感情が盛り上がっていくわけですね。

その盛り上がりが相手に対する愛情の証だと勘違いしてしまいがちだとも言われています。例えば、不倫相手と結婚をした途端、お互いの愛情が冷めてしまったという話は少なくありません。


男性の汗のにおいには女性を興奮させる効果があるらしい

男性の汗には、アンドロスタジエノンという物質が含まれています。かつて男性用の香水の原料に使われたこともある物質です。女性はこのニオイを嗅ぐことで性的興奮が引き起されるといいます。

大好きな男性が仕事や運動で汗をかいている姿をみるだけでドキドキしてくる女性が多いのは、これが理由のひとつになっているのかもしれません。


適度にセックスすることはお互いの健康のためになる

セックスレスが多いと言われている私たち日本人。お互いの健康を保つためには、一週間に一回以上性行為をするといいと言われています。セックスをすることでホルモンが活性化し、特に女性の場合はホルモンの分泌が活発になることで、月経の周期が安定する効果ももたらしてくれます。

若い世代だけでなく、年齢を重ねたシニア世代、高齢者にも同じことが言えるようです。ただし、年齢を重ねてから週に一回というのはちょっと難しいかもしれません。そんなときは、手を繋いで一緒に寝るとか、街を歩くという方法でもいいみたいですよ。


男性の浮気と女性の浮気は大きく違うらしい

男性が浮気をする理由は、性的欲求が満たされていないことが大きな要因となっています。女性がなんらかの理由からパートナーとのセックスを拒み続けていると、性的欲求がたまった男性は他の女性と体の関係を求めたくなります。

一方女性が浮気をする理由は、精神面で満たされなくなったときです。仕事が忙しいなどの理由からパートナーがまったく自分を抱いてくれない、本当に自分は愛されているのだろうかと不安になることから別の男性を求めてしまう傾向が多いようです。


人を幸せにする成分が精液に含まれてるってホント?

精液には気分を高めるためのエストロンやオキシトシン、感情を高めるためのコルチゾル、抗うつ効果のある神経伝達物質のセロトニンなどが含まれています。これは人を幸せな気持ちに満たしてくれる効果があり、コンドームを使って避妊したセックスよりも、避妊をしないでセックスしたほうが女性のうつ病発症が少なかったという実例もあります。しかし、望まない妊娠は不幸を招くことになるので、妊娠を望まないなら必ず避妊はしましょう。

まだまだたくさんある性に関するトリビアの話。知っておくことでお互いが健康になったり、幸せになったりするための話もありました。最近愛情不足かな、と感じているならぜひ、パートナーと二人で過ごす時間を作ってみてくださいね。




女性の性にまつわる雑学

男性の性にまつわる雑学

性と社会の関係学

恋愛と結婚にまつわる雑学

セックスレスに関する雑学

気持ち良く体を重ねるための雑学

性について真面目に考えてみた

Copyright(c) 性にまつわるマジメな雑学 All Rights Reserved.