メンソールタバコは勃起に悪影響を与えるって本当!?

「メンソールを吸うとインポになる!」なんて言葉を昔友人などから聞いたことはありませんか?タバコは百害あって何とやらですが、実は男性器の勃起力にも関わっている!なんてことが噂されたことがあります。しかし実際には、メンソールと勃起にはなんの関係もないことがわかっています。なぜこのような都市伝説が生まれたのでしょうか?


アメリカ政府が考えた兵士たちの素行抑制の策

事のはじまりは戦時中にまで遡ります。当時のアメリカ軍は敵地を占領し、我が物顔での振る舞いを行っていたのだとか。残念なことですが、婦女暴行といった犯罪が起こってしまったこともあるそうです。当然、占領したからといって、その土地の人に好き勝手なことをして良いという訳ではありません。これは人間として許されない行為でしょう。

こうした兵士たちの素行に頭を抱えたアメリカ政府は、彼らがこれ以上女性たちに対して乱暴を働かない方法を考えました。そこで考案されたのが「精力減退剤入りのタバコ」です。これを吸わせることで、自然と下半身のやる気をそいでしまおう、としたのですね。

しかし、このタバコにはひとつ問題がありました。それは、精力減退剤には独特の匂いがあり、吸うと「なんか変だな?」とバレてしまう危険性があったのです。このままでは、兵士たちがタバコに手を出してくれません。そこで登場したのが「ハッカ」です。

ガムやタブレットなどでもお馴染みのメンソール、つまりハッカですが、口にしたことがある人ならその強烈な風味もご存じでしょう。アメリカ政府はこれで精力減退剤独自の匂いを隠すことにしました。そして兵士たちにこのタバコを配りはじめたのです。


噂は巡り巡って・・・

「最近メンソールのタバコを吸っているんだけど、なんだか勃ちが悪くなった気がする」アメリカ軍兵士の間ではこんな噂が飛び交うようになります。彼らは自分が吸っているタバコに、まさか精力減退剤が含まれているだなんてことは知りませんので、勃起の具合の悪さをメンソールのせいだと疑うようになりました。

この話がアメリカから日本にも上陸し、さまざまな場所で言い伝えられて、今でも男性の間で噂になっている、という訳です。種を明かせば単純明快なお話ですが、今のようにインターネットが広まっていなかった時代には、こうした情報を確かめる術がありません。そのため、嘘か本当かわからないデタラメな雑学がそこら中で飛び交っていたようです。

ちなみに、当然タバコというのはそもそも体に良い訳ではありません。そのため、「タバコを吸ったら勃たなくなる」というのも、あながち間違いではないとも言えます。喫煙は自分の体のことを考えてほどほどに。もし出来るなら、禁煙をオススメします。




女性の性にまつわる雑学

男性の性にまつわる雑学

性と社会の関係学

恋愛と結婚にまつわる雑学

セックスレスに関する雑学

気持ち良く体を重ねるための雑学

性について真面目に考えてみた

Copyright(c) 性にまつわるマジメな雑学 All Rights Reserved.