女性用風俗はなぜ少ないのか?

ネオンきらめく繁華街には、風俗店がひしめき合っています。日本は世界から見ると信じられないほど、堂々と性産業が盛り上がっている国です。

しかし肉食女子も増えた今、女性用の風俗店が出てきてもおかしくないはずなのですが、今のところ性感マッサージ店がひっそりと営業するにとどまっています。女性用の風俗店を維持するためには、男性スタッフの並々ならぬ努力が必要なようです。


あったけどつぶれた、女性用ソープランド

性欲 2007年、福岡の中州に全国初の女性用ソープランドがオープンしたことは、当時ひそかな話題となりました。ついに時代の変化もここに極まれり、と思えたニュースです。

そのお店は90分で3万円。もちろん、それなりのイケメンでそろえられ、オープンと同時に全国から肉食女子たちがご来店。もっとも多かったのは30代女性だったそうですが、下は20代から上は50代まで、幅広い年齢層のお客さまが通っていたようです。

しかし、たったの8ヶ月で閉店。どうやらソープボーイたちの体力と精神力が限界に達したらしく、あえなく終了してしまったのでした。特に人気ボーイに指名が集中し、バイアグラを飲みながらがんばっていた彼らもついにダウンしてしまったのだとか。結局、男性向け風俗店へと逆戻りしてしまったそうです。

その気になれば1日に何人でもお相手できる女性とは、やはり体の構造的に異なるのでしょう。しかも相手は選べない。地獄を垣間見たソープボーイたちの苦労がしのばれます。


あぶれる女性たちが急増中

そんなわけで、女性用風俗店はどんなに需要があっても、維持していくことが難しいようです。しかし時代の変化にともない、肉食女子や「あぶれ女子」は確実に増えています。

もともと、女性の性欲が男性より低い原因としては、まず妊娠のリスクがあることが考えられます。万一の際を考えると、やはり男性とは重みが違うでしょう。
また基本的には他の動物と同じく、オスがメスをめぐって争うことが自然であったため、そう躍起にならずとも子孫繁栄が可能だったことも挙げられます。必死にオスをつかまえる必要はなかったのです。

しかし時代は変わり、今やおとなしい草食男子の台頭が目立ちます。もはや一部の美しい女性を除き、争ってなどもらえない世の中です。さらに格差社会となり、経済力のある男性をめぐって女性たちが婚活市場で争っている状態。婚活サイトの登録者数も、男女比では圧倒的に女性のほうが多くなっています。

逆ハーレム現象が起こっている現代日本では、今後さらに性欲を持て余す女性が増えるのではないでしょうか?体力と勇気ある男性たちの登場が期待されます。




女性の性にまつわる雑学

男性の性にまつわる雑学

性と社会の関係学

恋愛と結婚にまつわる雑学

セックスレスに関する雑学

気持ち良く体を重ねるための雑学

性について真面目に考えてみた

Copyright(c) 性にまつわるマジメな雑学 All Rights Reserved.