女性の本能から分かる性欲の傾向とは?

ミステリアスな女性ほど美しい…なんて言葉もありますが、男性からすれば、普通の女性とて謎が多いと思いませんか?特に恋愛観や性欲については、女性はなかなか本音を暴露せず、世の男性は疑問に思う日々を過ごしています。

とはいえ、女性にも確固たる恋愛観や性欲があります。また、女性が男性の目から理解しにくいのは、男女で本能の違いがあるからです。女性の本能を知ることで、気になる性欲の傾向がわかります。


女性の性欲はまばら!?

元々性欲は、個人差がありますよね?男性ならみんなオナニーやセックスが大好きかと思いきや、一ヶ月に一回程度の人もいて、意外と違いがあったりします。ただ、男性で性欲がほぼ存在しない人は、ごくわずかです。

それに対して女性はというと、男性以上にばらつきがあります。性欲が強い女性は依存症を疑うくらいセックスを要求しますが、弱い人は自慰行為すら一切行いません。これくらいの開きがあるのは、知らない人も多かったでしょう。

そうした個人差もさることながら、女性は性欲を感じる状況が男性と異なります。このメカニズムを知らないとパートナーを満足させにくいので、男性はもっと女性を知るべきです。


好きな人にだけ性欲が湧く!?

女性は、主に『好きな相手に対してだけムラムラしやすい』という傾向があります。だから彼氏がいない女性は性行為なしでも平気ですが、彼氏ができた途端に好色となりやすいです。自分に対してだけエッチというのは、男性にとって心踊る表現かもしれません。

対して男性はどうでしょうか?多少身も蓋もない言い方をすれば、『好みのタイプなら見境なくムラムラしやすい』でしょう。だからAVなどでも好みの女優をたくさん見つけますので、女性と大きな違いがありますね。

「なぜ男女でこんなに差があるの?」と思ったら、その答えは体の作りと役目が関係しています。男女による差は昔から基本は同じで、今でも本能に従い、最高の相手を探しているのです。


最良の遺伝を求める女性の本能と性欲

男性は妊娠がありませんので、もしも遺伝子を残すなら、とにかく種をばらまくのが効果的です。ですが女性はその逆で、妊娠しても一度に一人しか子供を残せず、役目が全く異なっていますね。

女性の場合、優れた遺伝子を受け取ることで、やっと最良の結果を残せます。それなのにどんな相手にも性欲を感じて体を重ねれば、遺伝子を選ぶなんてことはできません。常に最良の相手を選ぶという本能が、自分が選んだオス…つまり恋人に対しての性欲に切り替わるのです。

これは男女の体の作りを考えると、非常にしっくりくる内容です。男性に比べて女性は妊娠によるリスクが高く、当然といえば当然ですね。もちろん例外もあり、浮気性な女性もいますが、個体差は男女どちらにもあります。


遺伝子を見抜く力は女性が上?

この事実から、『女性は男性よりも優れた遺伝子を選ぶ力がある』という結果が出ますね。優れた遺伝子とは、分かりやすくいえば『相性の良い異性を見つける力』です。女性のほうが付き合うにも結婚するにも慎重なのは、ここに関係しています。

また、『女性は男性の匂いに敏感』といわれていますが、それも遺伝子選びに関わります。女性のほうが嗅覚に敏感な分、匂いからも相性を選別しており、好きな匂いの男性は相性が良いのです。

男性の脱いだ服の匂いを嗅いでうっとりしていれば、それは相性抜群のサインでしょう。




女性の性にまつわる雑学

男性の性にまつわる雑学

性と社会の関係学

恋愛と結婚にまつわる雑学

セックスレスに関する雑学

気持ち良く体を重ねるための雑学

性について真面目に考えてみた

Copyright(c) 性にまつわるマジメな雑学 All Rights Reserved.