出産後にありがちなセックスレスに立ち向かうには

結婚したばかりの夫婦は、毎日のように求め合うのが自然な光景です。しかし、「出産後、急にセックスレスになった…」と悩む人はいませんか?実はこれも非常に良くあるケースで、放置すれば夫婦関係の危機に繋がります。

産後から急に夫婦関係が変わるのは、結婚前から覚悟しなくてはいけませんが、セックスレスを放置する理由にはなりません。産後のセックスレスも自然だからと諦めず、解消して以前以上の良い関係を目指しましょう。


産後の女性は乗り気になれない?

「出産後の女性は妻から母へと変わる」これは昔からある格言ですが、間違いではありません。そもそも、セックスの目的は『子孫繁栄』なので、子供が生まれたら育児を優先するのは、本能的に考えても正しいでしょう。

母性本能という言葉があるように、産後の女性は子供を優先し、守ろうとします。さらに授乳期は朝も夜もなく赤ちゃんに母乳を与えますから、疲労するのも仕方ないですね。そんな時、無遠慮にセックスに誘うとどうなるでしょうか?

当たり前ですが、無神経なお誘いは嫌気が差します。さらに前述の通り疲れて気が立っているため、いつもより激しい非難をされやすいのも産後の特徴でしょう。妻と母は同一人物でありながら、考え方に大きな違いを感じますね。


産後の女性は無理に誘わないのが大事

以上のことから、産後の女性は無理に誘うべきではありません。「育児で大変なうちは、しっかりと奥さんをサポートしよう」と考えるのが良い夫の条件であり、ある程度性欲に蓋をするのも必要です。

目安としては、奥さんの授乳期が終わる頃ですね。妻と母は別の生き物と書いたように、授乳が終わると徐々に母親から妻へと戻り、性欲に関しても回復してきます。『母乳が出る間は母親』と考えれば、もっと分かりやすいでしょう。

実際、授乳を行っている間は生理がなく、妊娠することはないとされます。妊娠しないと本能的に性欲も生じませんから、男性側はちゃんと我慢しましょう。それか、奥さんがいないうちに自慰行為を済ませるのも、この場合は正解です。


育児中もしっかりとサポートを!

「授乳が終わったからやっとセックスできるぞ!」と喜ぶかもしれませんが、そんなに単純な話でもありません。そもそも、母乳を与えるだけが母親の役目ではなく、その後も育児は続きます。

そんな忙しい時期に『子供は任せっきりだけどセックスだけは要求する』ような人間になれば、奥さんが不満を募らせるのも無理はありません。妻からすると、「手のかかる子供が増えただけ」なんて呆れられるでしょう。

とはいえ、育児に適性があるのはどう考えても女性です。男性にできることは少ないので、他の家事をさりげなくこなしてあげて、奥さんの気持ちに余裕を作ってあげましょう。そうすれば、隙間時間で良い雰囲気を作れて、セックスにも誘いやすいですね。


セックスは大事、でも支え合いも忘れずに

疲労やマンネリと違い、出産によるセックスレスは、自然なことなので焦りは禁物です。ここで無神経に「セックスレスで別れるのは嫌だ!」と強引になれば、この場合に限っては逆効果ですね。

子供が生まれた以上、妻は母親にならないといけません。だから男性も父親としてすべきことを考え、支え合って子供を育てましょう。父親として立派な姿をパートナーに見せると、そこに魅力を感じ、抱かれたいといつかは考え出すのです。

ただ、出産後から再びセックスするまでが長すぎると、男性は我慢しすぎてEDになる可能性もあります。自慰行為すらろくにせず本番が不安なら、専門クリニックに向かい、バイアグラを処方してもらいましょう。財布の中身が気になるなら、ジェネリックタイプも相談できます。




女性の性にまつわる雑学

男性の性にまつわる雑学

性と社会の関係学

恋愛と結婚にまつわる雑学

セックスレスに関する雑学

気持ち良く体を重ねるための雑学

性について真面目に考えてみた

Copyright(c) 性にまつわるマジメな雑学 All Rights Reserved.