国によってちがう、エロティックな色のお話

「ピンク映画」と言ったりするように、日本ではピンク=エロの色、というイメージがあります。しかしところ変われば色も変わり、海外では違う色がエロの象徴となっているのです。外国の人に贈り物をする際は、色にも気をつけてみましょう。


国によるエロカラーのちがい

一方、たとえばアメリカでは、青がエロティック・カラーです。ピンク映画も「Blue film」と呼びますし、そもそも「blue」という単語を辞書でひいてみると「卑猥な」「下品な」という意味が出てくるほどです。もちろん、日本でも使われているように「ブルーな(憂鬱な)」という意味もあります。

ピンクは、むしろ健康な色というイメージが強く、「be in the pink」で「絶好調」という意味になります。

中国では、黄色です。アダルト映画は「黄色電影」、エロ本は「黄色書簡」となります。 もともと高貴な人が身につける色であり、富やお金の象徴の色でもあるのですが、同時に黄色には「腐敗」というイメージもあるようです。街やネットから、卑猥なものを一掃しようとする運動を「掃黄運動」といいます。

中国の人に結婚祝いなどを送る際には、黄色を避けましょう。もっとも無難なおめでたいカラーは紅色です。

さらにスペインではグリーン(verde)となります。「Libro verde」でエロ本、「Cine Verde」でアダルト映画と、やはり色を使った表現になるのは世界どこも同じようです。


最高のエナジーカラーは赤!

カラーセラピーなどがあるように、色は私たちの精神状態に、想像以上の効果を及ぼします。実際、お部屋が照明でピンク色になっていたら、日本人は無意識のうちにエロを連想するでしょうし、卑猥な気分になってくる人も多いはずです。

一般的に、もっとも落ち着いて長くいられる色は緑といわれていますが、スペインではエロティックな気分になるのかもしれません。

そんな中、国を問わずに「活力」をあらわす色といえば、やはり赤です。日本男性のふんどしの色が赤だったのも、パワーを得られる色だったからと考えられていますし、「赤ちゃん」という言葉も、生まれたての子のあふれる生命力から、という説があります。

人間は闘牛ではありませんが、実際に脈拍を早くし、興奮させる作用が赤にはあるようです。最近何となくマンネリ化しているカップルは、ぜひ赤のランジェリーや、赤いシーツなどをとり入れてみると、もしかしたら活性化が期待できる…かもしれません。




女性の性にまつわる雑学

男性の性にまつわる雑学

性と社会の関係学

恋愛と結婚にまつわる雑学

セックスレスに関する雑学

気持ち良く体を重ねるための雑学

性について真面目に考えてみた

Copyright(c) 性にまつわるマジメな雑学 All Rights Reserved.