EDはどうして起こるのか?

すっかり私たちの耳になじんできた「ED」という言葉。今や勃たない男性は病気である、といわんばかりの勢いであり、男性たちにとっては少し可哀想な時代になってきました。
しかし実際、なぜ勃起機能が衰えるのかについて見ていくと、そこには何らかの深刻な問題が隠されていることも少なくないようです。


体に問題がある場合

誰しも加齢とともに、多かれ少なかれ勃起機能は低下します。よくある原因としては、動脈硬化によるものです。中高年になると、どんなに健康な人でも多少の動脈硬化は起きてきますので、血流が深くかかわる勃起機能にも影響が出てきます。

しかし、その動脈硬化をさらに深刻化させるのが糖尿病などの生活習慣病です。糖尿病や高血圧、脂質異常症などを患ってしまうと、EDを発症する確率が跳ねあがってしまいます。

特に糖尿病では、動脈硬化だけではなく神経にも障害が起こりやすくなります。脳で受けた性的刺激が陰茎に伝わることで勃起につながるのですが、その神経回路に問題があると、興奮しても体が反応しない、ということになります。

他にも腎臓の障害や心疾患などもEDの一因となり得ます。特に狭心症や心筋梗塞といった「虚血性心疾患」は、まず予兆としてED症状が現れることもあるほどです。 「最近どうも元気がなくなったなぁ」と感じる方は、ぜひ一度健康チェックも兼ねて検査を受けてみましょう。


精神的ストレスがある場合

上記のような、体に物理的な原因があるEDを「器質性ED」と呼ぶのに対し、精神的なものからくるEDを「心因性ED」と呼びます。 仕事上の悩みや人間関係のストレス、夫婦の不仲や性行為へのプレッシャーなどが主な原因です。

現代ではリストラの心配も増えていますし、経済的不安から元気をなくしている男性も大勢います。また妻との仲がうまくいっていないと、他の女性とは問題なくできるのに、妻にだけ体が反応しない「妻だけED」になることも。これも心因性EDの1つといえるでしょう。

器質性、心因性ともにもっとも多くおこなわれている治療がED治療薬によるものです。薬を飲んでみて、機能が回復すればそれに越したことはありません。ただし虚血性心疾患の患者さんでは、使用できないことがありますので、かならず医師の診察を受けた上で処方してもらいましょう。

健康保険がきかないため値段が高いのがネックですが、2014年からはバイアグラのジェネリック品(後発医薬品)が日本でも登場する予定ですので、より安く手に入るようになるはずです。




女性の性にまつわる雑学

男性の性にまつわる雑学

性と社会の関係学

恋愛と結婚にまつわる雑学

セックスレスに関する雑学

気持ち良く体を重ねるための雑学

性について真面目に考えてみた

Copyright(c) 性にまつわるマジメな雑学 All Rights Reserved.