セックスに会話を挟むと何が変わるの?

セックス中、一切しゃべらないこともありますか?確かに愛の営みの最中にベラベラ話していると、ムードが壊れやすいですね。でも、セックスの前後はどうでしょうか?実は、この時間の会話も長く付き合うなら大切です。

セックスとは、愛する相手とのコミュニケーションなので、体を重ねているだけなら、それこそ自慰行為と大差ありません。もっと愛し合うためにセックスをするなら、会話も大事にしてみましょう。


自己満足のセックスに注意!

男性の場合、セックスできる場所に移動すると、つい一も二もなく、体を重ねようとしていませんか?男の性欲は衝動的なので、自制をしないとみんなこのようになります。

もちろん、稀に女性側が衝動的に求めるケースもあるでしょう。しかし、男女どちらががっついていたとしても、好ましいわけではありません。むしろ、セックスを性欲解消としか考えていない場合、自慰行為をするのとほとんど変わりませんね。

自慰行為というのは、『自分のムラムラを解消できればそれで良い』という、自分勝手なものです。相手に迷惑をかけずに一人で行うならともかく、セックスにはパートナーが存在しますよね?それなら、コミュニケーションとして成立しない性行為は、人間らしい関係を築けません。


セックスに至るまではゆっくりと会話を

例えば、恋人とラブホテルに向かったと考えてください。ここは自由にセックスができる施設ですが、着いたらすぐに相手の服を脱がしていませんか?これは、前述した自分勝手な要求に他なりません。

その前に、ラブホテルの設備について注目してください。店舗によりけりですが、ゲームや映画、カラオケといった娯楽設備も充実しており、普通に遊ぶのにも適しています。もしもパートナーがそちらに興味を示していれば、まずは一緒に遊ぶくらいの余裕を見せましょう。

セックスできる場所だからとすぐに行わず、相手が緊張していたらほぐしてあげて、会話から始めてください。リラックスして行為に臨めば、もっとお互いが楽しめるでしょう。


セックス後のピロートークはより良い肉体関係を築く

セックス後に寝転びながら会話することを、『ピロートーク』といいます。男性は射精後に冷めやすいからつい会話もなくなりそうですが、実はこれ、女性が求めていることが多いのです。

男性の射精は、発射後すぐにクールダウンができますが、女性の絶頂は大きく異なります。達した後もしばらくは冷めることがなく、そんな時に男性に放置されると、気持ちばかりが冷え切ってしまうのです。

そこで、ピロートークを行いながら寄り添い、抱きしめたりキスしてあげたりすると、女性は大変喜びます。優しくされることで次も抱かれたいと感じられるので、どうせ射精して落ち着いたのなら、いちゃいちゃして心の充実を図りましょう。


ちゃんと会話しないと勿体無い!

このように、セックスが気持ち良い行為であるためには、相手を喜ばせ、そして楽しませることを意識しましょう。お互いが同じことを思って行為に励めば、そのうち離れられないくらい愛し合えますね。

特に、夫婦として長く暮らしていくなら、この努力は欠かせません。自慰行為なら自分勝手でも良いですが、セックスをするなら精神的な満足を得るため、もっと会話も取り入れてくださいね。




女性の性にまつわる雑学

男性の性にまつわる雑学

性と社会の関係学

恋愛と結婚にまつわる雑学

セックスレスに関する雑学

気持ち良く体を重ねるための雑学

性について真面目に考えてみた

Copyright(c) 性にまつわるマジメな雑学 All Rights Reserved.