ベビーブームはなぜ起こる?

少子高齢化が問題となっている日本ですが、過去には2度ほど大きなベビーブームが起こりました。もちろん海外でもみられます。 戦争が終わった後は、どこでもベビーブームが起こりやすいようですが、何らかの大きな災害や事故があった後にも出生率が上がるという説もあります。


過去のベビーブーム

日本では、第二次世界大戦後に「第一次ベビーブーム」がありました。1947年〜1949年のことで、この間に生まれた赤ちゃんは実に800万人ほど。特に1949年の269万6638人という数は、戦後の統計で過去最多となっています。この3年間に生まれた人たちが「団塊の世代」です。

戦争から兵士たちが帰還し、誰もが安心して子作りに励めるようになったため、この時期には世界中で人口が増えたといわれています。

団塊の世代が親になったころに起こったのが「第二次ベビーブーム」です。1971年〜1974年ごろのことで、特に1973年には209万1983人とピークを迎えました。いわゆる「団塊ジュニア」たちです。

本来なら、彼らが結婚適齢期を迎える1990年代後半〜2000年代前半にかけては「第3次ベビーブーム」が来てもおかしくありませんでした。しかしミレニアムベビーは見られたものの、特に爆発的に出生率が上がることもなく今に至っています。 それどころか厚生労働省の統計によれば、団塊ジュニアの女性の約半分近くが子どもを産んでいないとされています

現在でいうと、まさにアラフォー世代。キャリアの道に追われ、婚期を逃してしまった女性や、さまざまなシステムの弊害から子どもをもつことをためらった女性が多いと思われます。時期がくれば産む、そんな時代は終わってしまったようです。


大事故の後はベビーラッシュが起こる!?

戦後のみならず、災害や大きな事件などの後にもベビーブームは起こる、とする説があります。

たとえば1965年に起きた「北アメリカ大停電」。ニューヨークを中心に12時間起こった停電ですが、この後にニューヨークの出生率が跳ね上がりました。
また1977年にもニューヨークで停電が発生し、その時もやはり出生率が上がったそうです。

その他、2001年のアメリカ同時多発テロや、2005年にハリケーンカトリーナが襲来した時にも同様の現象がみられ、一部の社会学者は「人々が絆を求めるとともに、生命の危機から子孫繁栄のシステムが自然とはたらくのではないか」と分析しています。しかし確固たる根拠は今のところないようです。

また強姦では、通常の性交よりも妊娠率が上がることはよく知られており、これも「生命の危機を体が強く感じると、排卵が起こりやすくなる」とする説を後押ししています。

しかし2011年に起きた東日本大震災の後、日本でベビーラッシュが起きたという話は聞こえてきませんので、どの程度信憑性があるかは定かではありません。




女性の性にまつわる雑学

男性の性にまつわる雑学

性と社会の関係学

恋愛と結婚にまつわる雑学

セックスレスに関する雑学

気持ち良く体を重ねるための雑学

性について真面目に考えてみた

Copyright(c) 性にまつわるマジメな雑学 All Rights Reserved.